アメリカ大統領選挙:トランプは本当に「白人」「男性」の味方なのか??

今USAでは大統領選挙が行われていて、クリントンといったトランプの耐え難い抵抗が繰り広げられています。
この中でわたくしが興味を持ったのがトランプの賛同やつが白人に多く、地理的には中西部にすくないについてですよ。連中はトランプの移民排斥方策やタックス縮小方策などに共感してトランプを賛同しつつあるとされています。然しながらわたくしはトランプの歴代や意見を観ていて、ほんとうにトランプの言ってることは旦那を賛同しつつあるあなたにおいて有益なのだろうかというかんがえました。たとえば、クリントンを批判している人たちはクリントンが「4パーセンテージ」を優遇してる、クリントンセルフもその4パーセンテージだとして反対しますが、コレをいったらトランプこそその4パーセンテージの証系存在ですよ。二度と方策的部分で言えばトランプのランクといったしつつあるタックス縮小において言えば低収入やつよりも高所得者に関してより優勢なものになってしまう。加えて輸入物品において(中でも中国からの)高率の関税をかけるためUSAに採用を奪い返すと言っていますが、そんな事をしたら全国プロダクトの金額が上がって好況になり、旦那の賛同やつと思われる中西部の白人にとっては成果系に苦しみになると思われます。上記がわたくしが最近気になってる特ダネとそっちに関しての検証ですよ。小澤康二メルマガはこちら

アメリカ大統領選挙:トランプは本当に「白人」「男性」の味方なのか??